花咲き織り工房 | ハックの家

私たちの活動 田野畑村エリア

 

花咲き織りとは

裂き織りは江戸時代から、東北地方で織られていたリサイクルの織物ですが、私たちは『花咲き織り』と呼んでいます。絹の古布を細く裂き、一部草木染めをして、よこ糸に使用しています。 個性派ぞろいのメンバーが織り上げた布が、不思議な魅力のバッグや洋服に変身していきます。 ハックの家のスタートは、この裂き織りでした。作品は一般の商品として、普通のお店に置いてもらえるようになりました。将来、このサイトでの販売を考えております。
花咲き織り

花咲き織り体験

工房では、花咲き織りの体験が出来ます。将来はハックの家の2階に体験工房を作り、ご自分の作品を作ることもできるようにしたいと思います。

注文制作

多くの方々からご注文をいただいて、制作しております。 おばあちゃんの形見の着物で花咲き織りを織って小物を作って欲しいというご注文もありました。